向いてない人はどんな人?



塾講師として向いてない人はどんな人なのか。塾で勉強を教える立場の人間として、子供たちと上手にコミュニケーションをとれない人や、指導力がない人、また人と接するのが苦手な人は向いていません。 講師として子供たちの成績をあげていくことが仕事ではありますが、生徒との信頼関係が上手にいっていないと授業に集中してくれませんし興味をもって勉強してくれません。



その結果あまり勉強に対して生徒たちが意欲をもってくれないので、成績が上がるということが期待されなくなります。 そうなると、親御さんからのクレームも相次ぐようになりますので、講師としては不向きと言ったことになります。 勉強している時間が楽しくて授業に集中できるようにするためには、子供たちとのコミュニケーションを特に上手にとっていく必要があります。



もちろん、面白い話や楽しい話ばかりで授業時間が終わってしまうのはいけないことですが、そのような話を織り交ぜながら授業をしていくと、 生徒たちも飽きることなく最後まで授業を受けることもできますし、印象深い内容にしていけば、それだけ生徒たちの記憶に強く残ります。 結果テストの成績も良く向上していきます。講師は責任感を持って生徒に接していく事が大切です。